リラクゼーションは誰のため?

2021/05/04 ブログ

鶴ヶ島駅に近い川越市内で細々と営業を続けているなんとんです。

 

お客様と話をしていて時々タイトルのような話題になるんです。

 

あくまで、なんとんの個人的な見解ですが、

リラクゼーション、整体、マッサージ、エステ、足つぼ…

 

確かに自分の身体に投資をするように感じる部分もあります。

 

スポーツ選手やモデルさんのように、

自分の身体が商品という場合を除いて考えると、

「我慢すればいい」「そんなこと贅沢だ」

と感じる人も多いと思います。

 

仕事の休みに、マッサージ。

仕事終わりにマッサージ…

 

主婦の方だと、ご主人の稼ぎの一部を自分に使うなんて怒られる。

なんてこともあるかと思います。 

 

 

だけど、見方を変えてみると、身体が疲れを感じている時、

ご機嫌でいられますか?

怒りっぽくなりませんか?

 

それって、自分が我慢するだけの問題じゃないです。

 

投資をするのは自分の身体にではなく、

家庭内の平和な空気を守るための投資と考えてみるのはいかがでしょう?

 

後ろめたい思いを抱えながら、リラクゼーションを利用した経験のある方は

こんな考え方もあると思っていただけたらいいですね。